ハリウッドで活躍のアイリッシュ・アクター / その 3

ハリウッドで活躍のアイリッシュ・アクター / その 3

両親や親戚がアイルランド出身でも海外で生まれ育ったといった、グリア・ガースンやエイダン・クインのような俳優はこの際除かせていただき、アイルランド島出身の俳優を集めて言いたい放題の最終回です。

バリー・フィッツジェラルド Barry Fitzgerald  ( ダブリン Dublin )

ダブリンのアビー・シアターからジョンフォード監督によって、ショーン・オケーシー作の『The Plough and the Stars』(36)のためにハリウッドに連れてこられた、いわゆるフォード一家の一員。脇役で主役級の扱いを受けていた当時の大スターです。弟のアーサー・シールズとは多くの作品で共演しています。その中の一つ『静かなる男』の老人役は最高でした。『我が道を往く』では、1つの役で男優賞と助演男優賞に同時にノミネートされた唯一のアクターで、助演男優賞を獲得しました。涙なしには見られない名演でした。
出演作 : ジュノーと孔雀(29)、赤ちゃん教育(38)、四人の復讐(38)、果てなき船路(40)、海の狼(41)、わが谷は緑なりき(41)、我が道を往く(44)、裸の町 (48)、武装市街(50)、静かなる男 (52)、他

ケネス・ブラナー Kenneth Branagh  ( ベルファスト Belfast )

『ヘンリー五世』を作ったころはローレンス・オリヴィエの再来とまで言われた、俳優と監督をこなす実力の持ち主。ハリウッドに渡ってからは、アメリカ訛りで役に挑戦するなどしていましたが、大成功とは言えず、今はちょっと昔の勢いが無いような。『ハリーポッター』のヘマな魔法使いは楽しそうでした。監督業が続いていますが、また得意のシェークスピア作品でカッコよく決めて欲しいですね。現代物よりも時代物が似合います。
出演作 : ヘンリー五世(89)、から騒ぎ(93)、フランケンシュタイン(94)、オセロ(95)、ハムレット(96)、相続人(97)、セレブリティ(98)、ワイルド・ワイルド・ウエスト(99)、ハリー・ポッターと秘密の部屋(02)、ワルキューレ(08)、マリリン 7日間の恋(11)、エージェント:ライアン(14)、他

アリソン・ドゥーディー Alison Doody  ( ダブリン Dublin )

『007』のチョイ役から、ハリウッドでこれ以上望みようが無いであろう『インディ・ジョーンズ』のヒロインまで登りつめる。TVムービーなどに多く出ていて、アイルランドの雑誌で、アイリッシュ・クールビューティーとしてグレース・ケリーと比較されたりしていたのを見たけれど、その後がちょっと寂しい。個性派だけではなく純粋にルックスでも人気の出る女優が現在のアイルランドから欲しかったので惜しい。結婚してからは引退状態でしたが、また仕事を始めたようです。カレン・アレンのようにインディー・ジョーンズ・シリーズ復活は役柄上、無理ですかね。
出演作 : 007/美しき獲物たち(85)、死にゆく者への祈り(87)、孤独のヒーロー/タフィン(88)、インディ・ジョーンズ 最後の聖戦(89)、メジャーリーグ2(94)、他

キリアン・マーフィー Cillian Murphy  ( コーク  Cork )

ここ数年、活躍が目覚ましい超個性派俳優。何といってもこの顔は一度見たら忘れません。しかもゴールデングローブ賞にノミネートされた『プルートで朝食を』は妖艶で役者根性に驚き。ウェス・クレイヴン監督と仕事をしたり、『バットマン』で悪役を演じたり、もう既に個性派。カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『麦の穂をゆらす風』は彼が作品を引っぱっていました。これからもこの個性と演技力はハリウッドでも重宝されるのではないでしょうか。
出演作 : 28日後...(02)、ダブリン上等!(03)、パニックフライト(05)、プルートで朝食を(05)、バットマン ビギンズ(05) 、麦の穂をゆらす風(06)、サンシャイン2057 (07) 、ダークナイト(08)、インセプション(10)、タイム(11)、レッド・ライト(12)、白鯨との闘い(15)、ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(16)、他

コリン・ファレル Colin Farrell  ( ダブリン Dublin )

演技ができて人気もあるアイルランド若手のホープ。スクリーンの外で羽目を外し過ぎないようにと心配していましたが、最近はおとなしくなったようで。『フォーンブース』の独演や、『ダブリン上等!』のチンピラは良かったです。現在、ハリウッドで主役を張れるアイリッシュの数少ない内の一人。アイリッシュのアイデンティティーを強く持っているようで、2003年のアカデミー賞授賞式ではU2をアイルランド語を交えて紹介していました。
出演作 : タイガーランド(00)、フォーン・ブース(02)、マイノリティ・リポート(02)、リクルート(03)、デアデビル(03)、ヴェロニカ・ゲリン(03)、S.W.A.T.(03)、ダブリン上等!(03)、アレキサンダー(04)、ニュー・ワールド(05)、マイアミ・バイス(06)、ウディ・アレンの夢と犯罪(07)、ヒットマンズ・レクイエム(08)、オンディーヌ海辺の恋人(09)、ロンドン・ブルバード(10)、フライトナイト(11)、トータル・リコール(12)、セブン・サイコパス(12)、デッドマン・ダウン(13)、ニューヨーク 冬物語(14)、ロブスター(15)、他

他にも、
モーリン・オサリヴァン Maureen O'Sullivan  (Roscommon)
ジェラルディン・フィッツジェラルド  Geraldine Fitzgerald  (Dublin)
アーサー・シールズ  Arthur Shields  (Dublin)
スティーヴン・ボイド  Stephen Boyd  (Antrim)
ブレンダ・フリッカー  Brenda Fricker  (Dublin)
フィオナ・ショウ  Fiona Shaw (Cork)
パトリック・バーギン  Patrick Bergin  (Dublin)
マイケル・ガンボン  Michael Gambon  (Dublin)
サマンサ・ムンバ  Samantha Mumba  (Dublin)
スチュアート・タウンゼント  Stuart Townsend (Dublin)
ジョナサン・リース・マイヤーズ  Jonathan Rhys Meyers (Dublin)
ジェイン・ワイズナー  Jayne Wisener (Antrim)

ドーナル・グリーソン Domhnall Gleeson (Dublin)
バリー・ワード Barry Ward (Blanchardstown)
デヴォン・マーレイ Devon Murray (Kildare)
キーラン・ハインズ Ciarán Hinds (Belfast)
ブロナー・ギャラガー Bronagh Gallagher (Derry)
シアーシャ・ローナン Saoirse Ronan (Carlow)

 …などなど、ハリウッド映画に進出しています。

ハリウッドができた頃から、実力さえあれば出身は関係のないエンターテイメントの世界で、アイリッシュはハリウッドの陰日向で活躍してきました。『ターザン』で最も有名なジョニー・ワイズミュラー版 ('32) のジェーンを演じたのはアイリッシュ(モーリン・オサリヴァン)だとはご存知でしたか。境遇だけではなく、アイリッシュの口承文学や、音楽、演劇の伝統もこの活躍とは無縁ではないと思います。大事なアイリッシュ・アクターが抜けていると不満の方には申しわけありません。こうして書いているうちに、ピーター・オトゥールが 『ヴィーナス』でアカデミー賞最多ノミネート記録を更新し、『マイケル・コリンズ』で憎たらしい少年を演じていたジョナサン・リース・マイヤーズがあのウッディー・アレン監督の作品 『マッチポイント』などメジャー作品の主役を演じるなどしています。アイリッシュ・アクターはこれからも米・英アクセントを操って映画のなかで活躍してくれるでしょう。お気に入りの俳優が実はアイリッシュだったということが、これからもあると思います。

By Spike[ 2008年7月 ] 一部加筆2017年4月

[ INJ Link ハリウッドで活躍のアイリッシュ・アクター / その1 - その2 - その3 ]     The Kenneth Branagh Compendium : www.branaghcompendium.com
Colin Farrell : colinfarrell.tumblr.com
The Official Maureen O'Sullivan Website : www.farrow-osullivan.com
JRMfansite : www.jrmfansite.org
素晴らしき哉、クラシック映画! : www.geocities.jp/h2o_classic/
Reel Classics : www.reelclassics.com
Academy of Motion Picture Arts and Sciences : www.oscars.org
Irish Film and Television Awards : www.ifta.ie
Irish Film and Television Network : www.iftn.ie
Internet Movie Database : www.imdb.com
INJ Link 『麦の穂をゆらす風』の試写へ行く
INJ Link 『プルートで朝食を』を観て

我が道を往く (ユニバーサル・セレクション2008年第1弾) 【初回生産限定】 ヘンリー5世 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 ダブリン上等!